本文へ移動

松山英樹「相変わらず内容は終わっている、グダグダ」順位は63位に落とす【米男子ゴルフ】

2021年10月10日 13時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

◇9日 米男子ゴルフ シュライナーズチルドレンズ・オープン第3日(米ネバダ州、TPCサマリン)
 松山英樹(29)=レクサス=は4バーディーを奪いながら2ボギー、1ダブルボギーの71と伸ばせず、通算5アンダーのまま。順位は63位に落とした。首位とは13打差に開いた。通算18アンダーのトップはアダム・シェンク(米国)。
   ◇   ◇
 松山は序盤からアイアンショットがいまひとつ。後半はパッティングにも響き、13番パー5は2オンに成功したものの、20メートルを3パットした。
 18番はフェアウエーから打った第2打が一度はグリーンをとらえたが、バックスピンが強すぎて池まで転がり落ち、ダボフィニッシュに。プレー後は「相変わらず内容は終わっている。アドレスからしっくり来ていないし、何を試してもうまくいかない。まあ、仕方ないのかなって感じ。ちょっとしたことが重なって、グダグダになっている」と淡々。練習場で2時間打ち込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ