本文へ移動

西尾市PFI問題 「一方的解除できない」SPC側、会見で市に反論

2021年10月10日 05時00分 (10月10日 11時19分更新)
「一方的な解除はできない」と反論する岩崎社長=西尾市桜町で

「一方的な解除はできない」と反論する岩崎社長=西尾市桜町で

 西尾市の民間資金活用による社会資本整備(PFI)事業の見直し問題で、事業を担う特定目的会社(SPC)「エリアプラン西尾」の岩崎智一社長らが九日、市内で会見を開いた。市が先月末、二〇二二年三月末での契約解除を発表したのを受け、岩崎社長は「市は契約時に任意解除権を放棄しており、一方的な解除はできない」と反論した。近く、市に契約解除方針の撤回を求める通知を出す。
 SPCによると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧