本文へ移動

<経済GO!> 長久手でラリーカー製造「ラック」

2021年10月10日 05時00分 (10月10日 11時05分更新)

現役ラリードライバーの勝田範彦社長=長久手市琵琶ケ池のラックで

 愛知、岐阜を競技車両が駆け抜ける世界選手権「ラリージャパン」が、今秋も新型コロナウイルス感染症のため、中止になった。参戦するトヨタ所属のドライバー勝田貴元選手(28)の実家は、長久手市でラリーカーも製造する「ラック」を営む。父勝田範彦社長(52)に事業内容と貴元選手の現状を、祖父で創業者の照夫会長(78)にラリーの魅力を聞いた。 (長坂幸枝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧