本文へ移動

【中日】プロ94打席目で初の長打 高松は狙っていく「野手の間を抜ける強い打球」

2021年10月10日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死一塁、高松が右越えに二塁打を放つ

2回表2死一塁、高松が右越えに二塁打を放つ

◇9日 DeNA2-4中日(横浜)
 プロ4年目の高松が初の長打を放った。2回2死一塁から先発・京山の内角低め140キロ変化球を捉え、右翼越えの二塁打。得点にはつながらなかったが、チャンスを拡大した。
 ここまで放った21安打は全て単打だった。プロ94打席目での初の二塁打に「きょうのように頭を越える打球はそんなに多くないと思うので、野手の間を抜けていくような強い打球を打っていきたいです」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ