本文へ移動

【Bリーグ】西田が16得点奮闘も…シーホース三河、ホーム初陣を白星で飾ることができず

2021年10月9日 20時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2戦連続でキャリアハイを更新した西田優大選手

2戦連続でキャリアハイを更新した西田優大選手

  • 2戦連続でキャリアハイを更新した西田優大選手
  • チームハイ得点のダバンテ・ガードナー選手
◇9日(土) Bリーグ1部2節 三河78 - 90琉球(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム2節
琉球ゴールデンキングス戦
4年連続西地区優勝の琉球を迎えた2021-22シーズンホーム開幕戦。#19西田が16得点と、2戦連続でキャリアハイを更新する活躍を見せるも、4Qに突き放されて78-90で敗戦。ホーム初陣を勝利で飾ることができなかった。
◆1Q
三河 21-24 琉球
長野が流れを引き寄せ、3点差まで追い上げる
スターティング5は、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
お互いにディフェンスの意識が高く、静かな立ち上がりとなる。#5コリンズワースのドライブで先制。続いて新加入の#18角野もバックショットでアリーナを沸かせる。
琉球のハードなディフェンスに苦しみ、攻撃のリズムを掴めない中、琉球に3連続で3Pシュートを決められ4-11とリードを許すが、#7長野が#32シェーファーのスクリーンを使ってインサイドに鋭く切り込んで得点。このプレーで流れを変えると、さらにドライブ、3Pシュートを立て続けに沈めて連続7得点をマーク。ブザーと同時に#32シェーファーが3Pシュートを突き刺し、3点差に追い上げた。
◆2Q
三河 36-42 琉球(三河 15-18 琉球)
西田 前半12点と好調。6点ビハインドで後半へ
スタートは、#5コリンズワース、#7長野、#14ユトフ、#19西田、#32シェーファー。
#19西田の3Pシュート、バスケットカウントの連続得点で逆転。#7長野のプレッシャーディフェンスや#14ユトフのブロックショットなど粘り強いディフェンスを遂行し、#19西田のファストブレイク、#14ユトフの3Pシュートで先行する。
32-30とリードして迎えたオフィシャルタイムアウト明け、#4フリッピンの3Pシュートを皮切りに琉球に12-0と走られ、二桁リードを奪われるが、#14ユトフが3P、ターンシュートの連続得点、#18角野のセカンドチャンスで盛り返し、6点のビハインドで前半を終える。
◆3Q
三河 58-61 琉球(三河 22-19 琉球)
ガードナーがパワーで押し込み12得点 僅差のまま最終Qへ
スタートは、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#54ガードナーのポストアップ、スローインに西田が合わせて得点。素早いボールムーブから最後は#5コリンズワースの3Pシュートを射抜き、1点差に迫る。
激しいディフェンスの代償としてファウルがかさみ、開始4分にチームファウルが5つに達すると、徐々に流れが琉球に傾くが、#54ガードナーがパワーで押し込んでつなぐと、#18角野がジャンプシュート、ファストブレイクの連続得点。残り30秒に#54ガードナーのパワーアタックで58-59と再び1点差まで詰め寄る。
◆4Q
三河 78-90 琉球(三河 20-29 琉球)
ユトフが10得点も突き放され、ホーム初陣は黒星
スタートは、#5コリンズワース、#7長野、#14ユトフ、#18角野、#32シェーファー。
#14ユトフの3Pシュートで反撃に転じたかったが、その後はシュートを決め切ることができず、約2分半無得点に封じられてしまう。琉球#7ダーラム、#45クーリーを止められず、開始5分に63-76と13点のビハインドを背負う。
#19西田、#18角野のドライブ、#14ユトフのバスケットカウントで食らいつくも、追いつくことができず78-90で敗戦。ホームでの初陣を黒星スタートとなった。
■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「リバウンドに関しては粘ってみんな頑張ったが、イージーなターンオーバーが多く24点とやられてしまった。
もっと自分のレンジで、思い切ってシュートを打つということが大事だと思います。
良くなかった部分を修正して明日に挑みたいです。」
■琉球ゴールデンキングス 桶谷 大ヘッドコーチ 試合後コメント
「シーホース三河さんは能力が高くて、常にオフェンスのいいチームをつくってこられるので、自分たちがどれぐらい三河さんのリズムを崩すことができるかというのがテーマでした。第1Qの最初、ファーストパンチを決められたかなと思っています。ただQの終わり方などはうまくいかなくて、引きずりながらの第2Qは流れが良くなかったと思いました。それでも三河さん相手に前半を36点で抑えられたということ、僕たちもよくなかったけれど、三河さんのリズムではなかったのかなと思います。第3Q、三河さんが調子を上げてきて苦しい時間帯があったんですけれど、#7ダーラム選手が入ってインサイドでイニシアチブをとれるようになって、そこでしっかりアタックできました。こういう展開もシーズンの序盤では、ありえるのかなと想定はしていて。”アグリー”ゲームの中、アドバンテージをしっかり見つけながら、みんなが共通理解することができたので、後半、戦えたのかなと思います。
終盤にいいバスケットができるようになっているのが、3連勝につながっているのかなと思います。」

(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ