本文へ移動

坂本花織SP首位「超絶やけくそで『オラーッ』という感じで跳んじゃった」【フィギュア近畿選手権】

2021年10月9日 20時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂本花織

坂本花織

◇9日 フィギュアスケート 近畿選手権 女子ショートプログラム(京都府宇治市・木下アカデミー京都アイスアリーナ)
 フィギュアスケートの近畿選手権は9日、京都府宇治市の木下アカデミー京都アイスアリーナで第2日の競技を実施し、女子ショートプログラム(SP)は、2大会連続の冬季五輪出場を目指す坂本花織(21)=シスメックス=が72・02点で首位発進した。
 「出だしとしては、上々」と得点に納得した坂本だが、「1個目のスピンでおなかと足がつっちゃって…」と告白。3本目の連続ジャンプについては「超絶やけくそで、『オラーッ』という感じで跳んじゃった」と“花織節”を交えて振り返り転倒回避に一息ついた。
 4回転ジャンプやトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の大技に挑まない分、今季は細かな動きを増やし、体の負担が大きくなっている。それでも、10月第1週のジャパン・オープンから第4週のグランプリ(GP)シリーズ第1戦・スケートアメリカまでの4連戦を組んだ。
 「同じところで出るミスを修正して、NHK杯までに直したい」。試合を重ねて課題を洗い出し、北京五輪シーズンを戦う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ