本文へ移動

中部大が名城大を破り3連勝で7勝2敗に【愛知大学野球秋季リーグ】

2021年10月9日 20時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇9日 愛知大学野球秋季リーグ(名古屋市・パロマ瑞穂)
 優勝争いへの生き残りを懸けた一戦は中部大が名城大を2―0で破り、3連勝で7勝2敗とした。
 中部大の茶谷琉斗投手(3年・愛産大工)が6安打8奪三振で完封。名城大は優勝争いから脱落した。愛院大は4打点を挙げた三島有貴捕手(2年・享栄)の活躍で愛産大に5―1で快勝し、6勝3敗。優勝争いは首位の中京大と中部大、愛院大の3校に絞られた。愛工大は7―0で東海学園大に大勝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ