本文へ移動

ジュニア女子 櫛田育良が合計183・47点で優勝 ルッツ―トーループの3回転連続ジャンプを決めて流れに乗る【フィギュア近畿選手権】

2021年10月9日 17時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇9日 フィギュアスケート 近畿選手権 ジュニア女子・フリー(京都府宇治市・木下アカデミー京都アイスアリーナ)
 13歳の櫛田育良(いくら、木下アカデミー)が120・67点を出し、合計183・47点で優勝した。「自分でもびっくりしてすごくうれしい」。望外の結果に初々しい笑顔をのぞかせた。
 冒頭のルッツ―トーループの3回転連続ジャンプを決めると流れに乗り、全ての要素で加点を引き出す好演技を披露した。
 昨季はペアで競技に臨んだが、今年2月に左すねを骨折するなどして今季はシングルに専念する。「ペアで体幹が鍛えられ、ジャンプが安定してきた」。新たな感覚を手に入れ、今季の目標は全日本出場を掲げる。将来的には「オリンピックで金メダルを取ること」と力強く語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ