本文へ移動

モカフラワーが最内抜け出し快勝 石川は「着差以上に余裕」【東京5R新馬】

2021年10月9日 13時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇9日 2歳新馬戦(東京競馬場・芝1800メートル)
 先行した4番人気のモカフラワー(牝2歳、父スクリーンヒーロー、母ハイタッチクイーン、美浦・相沢)がイン追走から直線もそのまま最内を抜け出して快勝した。
 石川裕紀人騎手は「期待通りでした。直線は前があいてくれて能力がある馬なのですぐに(内側に)入れた。最後は2着馬に詰め寄られましたが、着差以上に余裕がありました。牝馬だしこの先カッとなりそうなところが出ないように、うまく成長してくれればと思います」と能力の高さを評価。
 相沢郁調教師は「直線で前が詰まってコースが空くか心配したけど、最後もうひと伸びしてくれた。次走は馬の様子を見て」と笑顔で話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ