本文へ移動

<地域の課題、研究者も考えます 名古屋大学持続的共発展教育研究センター>(18) 森山雅雄准教授

2021年10月9日 05時00分 (10月9日 11時14分更新)
合成開口レーダデータから作成した県農業大学校付近の農地分類

合成開口レーダデータから作成した県農業大学校付近の農地分類

  • 合成開口レーダデータから作成した県農業大学校付近の農地分類
  • 森山雅雄准教授
 人工衛星から地球を観測することをリモートセンシングという。一九六〇年代初頭から始まった技術であるが、現在ではウェブマップなどでの詳細な画像を思い浮かべることだろう。これらは地球表面の色や明るさを光で捉えて可視化したものである。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報