本文へ移動

敵地で勝てない… 中日、ビジターは引き分け挟み9連敗 今季19勝40敗6分でリーグワースト借金21

2021年10月9日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAに敗れ、ベンチで厳しい表情を見せる中日・与田監督。右は引き揚げる笠原

DeNAに敗れ、ベンチで厳しい表情を見せる中日・与田監督。右は引き揚げる笠原

◇8日 DeNA9―3中日(横浜)
 内弁慶にもほどがある。これでビジターゲームは引き分けを挟んで9連敗。敵地で勝てない今季の弱みが全面的に出た形となった。
 誤算は制球が安定しない先発・笠原だ。「そこは課題でもあるし、1軍あがってきて状態の良い試合も合ったけど、その辺が難しかったね」と与田監督。1回に福田の適時打で2点をもらったが、直後に佐野に高めの直球を右翼席に運ばれ1点差に。2回はソトの適時打で追いつかれると、桑原に押し出し四球を与え勝ち越しを許した。トドメは2死満塁から佐野に2打席連続アーチとなる満塁弾。あっという間に試合を決められた。4イニング9安打4四球、自己ワーストの7失点。笠原は「先制して良い流れをつくってもらったのに壊してしまって申し訳ない」と肩を落とした。
 序盤に投手が打たれると、それをはね返す打力も雰囲気もない。打線も2回以降はさっぱりでこれで借金は今季ワーストの15。最下位DeNAとのゲーム差は0・5となった。
 今季、本拠地のバンテリンドームナゴヤでは32勝26敗10分で貯金6をつくる一方で、ビジターは19勝40敗6分でリーグワーストの借金21と大きく負け越している。バンテリンの1試合平均の得点が2・90で失点が2・69。これがビジターでは得点2・86、失点4・11。広い本拠地ではどちらも点が入りにくいが、ビジターになると相手の得点力の上がり幅の方が断然大きくなる。
 3連敗中の横浜スタジアムではこの間、相手は6本塁打計24得点に対しこちらは0本4得点。投手陣が崩れた瞬間に勝負にならない惨状だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ