本文へ移動

【中日】岡林1安打1四球と存在感「自分の役割は塁に出ることと思っているので」

2021年10月8日 22時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日岡林が右前打を放つ

中日岡林が右前打を放つ

◇8日 DeNA9―3中日(横浜)
 中日岡林は1安打、1四球と存在感は見せた。
 
 初回の第1打席はファウルで粘り、12球目を見極め四球で好機を拡大。福田の先制2点二塁打を演出した。8回には変化球を拾い右前打。「自分の役割は塁に出ることだと思っているので、ヒットも良かったけど、1打席目のフォアボールが良かったです。追い込まれた中で粘ってとれたことは、チームにも自分にも大きかったと思うので、これからも続けていきたいです」と振り返った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ