本文へ移動

藤井聡太三冠と豊島将之竜王 頂上決戦始まる【竜王戦七番勝負第1局】

2021年10月8日 18時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太三冠

藤井聡太三冠

 豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が挑戦する「第34期竜王戦」七番勝負第1局は8日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で始まった。午後6時に指し掛けとなると、豊島竜王が44手目を封じた。持ち時間は各8時間。2日目は9日午前9時に再開し、勝敗は夜までに決着する見通し。
 トリプルタイトル戦として注目された“尾張対決シリーズ”は、序列1位の座を懸けた頂上決戦を残すのみとなった。ここまで王位防衛、叡王奪取と破竹の快進撃を続ける藤井三冠が、このまま最年少四冠まで突っ走るのか。一方、豊島竜王はここで失冠すると無冠となるだけに、同郷の先輩として竜王3連覇で意地を見せたいところだ。
 盤上は先手・藤井三冠が相掛かり戦に誘導すると、豊島竜王は歩損の代わりに手得を主張する作戦を敢行した。豊島竜王の攻めを藤井三冠がどう押さえ込むかという図式となるなか、両者の主導権争いが激しさを増している。消費時間は藤井三冠3時間25分、豊島竜王4時間8分。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ