本文へ移動

<田園産業都市の未来 安曇野市の課題> (下)公共交通

2021年10月8日 05時00分 (10月8日 14時15分更新)
安曇野市地域公共交通協議会が運行するデマンド交通「あづみん」=同市豊科で

安曇野市地域公共交通協議会が運行するデマンド交通「あづみん」=同市豊科で

 「あづみんは乗りたいのに予約がいっぱいで乗れないことが多いし、待ち時間も分からず不便。市内を巡回するバスがあれば、もっと住みやすい市になる」。市民団体「安曇野市の『市バスを実現させよう』実行委員会」の共同代表として、巡回バスを求めてきた安曇野市穂高有明の平山美代子さん(77)は訴える。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧