本文へ移動

【秋季高校野球】今夏甲子園完封の三重・上山颯太13奪三振3失点完投 東海大会出場決める

2021年10月8日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3失点完投と粘りの投球をみせた三重の上山颯太投手

3失点完投と粘りの投球をみせた三重の上山颯太投手

 秋季高校野球三重県大会は7日、松阪市のドリームオーシャンスタジアムで準決勝2試合が行われ、三重が決勝進出を決めるとともに、来春のセンバツ大会の重要な参考資料となる秋季東海大会(30、31日、11月3、6、7日、愛知・岡崎市民及び刈谷)への出場が決定。海星―津商は、8―8の延長14回終了時点で日没引き分けとなり、8日に再試合を行う。
   ◇   ◇
 甲子園完封投手がその実力をみせつけた。三重の最速143キロ右腕・上山颯太投手(2年)は、9イニングを6安打、3失点と粘りの投球をみせた。
 「立ち上がりはボールが走ってなかった。直球で押すのではなく、変化球で打たせて取る投球にかえたのがよかった」。そう振り返ったものの、終わってみれば13奪三振の快投。打っては1点ビハインドの9回に同点適時打を放ち、逆転勝利を呼びこんだ。
 今夏の甲子園では2年生エースとして樟南(鹿児島)相手に完封勝利。ただ次の敦賀気比(福井)戦では1回に5失点を喫し「狙ったところに投げられなかった」と反省。この日は初回に1点失うも大崩れはせず。巨人の木佐貫スカウトは「制球力があり、真っすぐのラインを両サイドで出せる」と評価した。
 「また必ず甲子園に戻って、次は抑えたい」と力を込めた右腕。まずは9日の決勝で三重の頂点を目指す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ