本文へ移動

植田朝日さん製作のFC東京サポーター”奮闘映画” 9日開催の「ヨコハマフットボール映画祭」で初上映

2021年10月7日 20時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ禍のスポーツバーを舞台にした植田朝日監督映画「ユルネバ2021眠らない街」

コロナ禍のスポーツバーを舞台にした植田朝日監督映画「ユルネバ2021眠らない街」

 FC東京サポーターの植田朝日さん(48)が制作総指揮・監督・脚色・原案した映画『ユルネバ2021眠らない街』が、9日から開催される第11回ヨコハマフットボール映画祭(かなっくホールほか)で初上映される。
 植田さんは、15年の同映画祭で審査員特別賞と観客賞をダブル受賞した、ゴール裏発のドタバタコメディー映画『ユルネバ~キミはひとりじゃない~』で初めてメガホンを取った。その続編となる今作では、FC東京ファンが集うスポーツバーを舞台に、コロナ禍で応援する場所を奪われたサポーターの奮闘記が描かれている。
 また、FC東京の元日本代表MF石川直宏クラブコミュニケーター(40)も友情出演している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ