営業再開待ちわびとった 金沢 大和、フォーラスに客足

2020年5月19日 02時00分 (5月27日 05時06分更新)

午前10時の開店と同時に入店する利用客=金沢市の大和香林坊店で

 新型コロナウイルス感染防止のため休館していた金沢市内の大和香林坊店と金沢フォーラスが十八日、営業を再開した。レジなどにビニール幕を設けたほか、張り紙や館内放送で利用者に感染防止への協力を呼び掛けた。
 約一カ月ぶりの全館営業となった大和香林坊店。午前十時の開店前から約百人が列をつくった。飛沫(ひまつ)による感染を防ぐためレジや案内所にビニール幕を設置。間隔を空けて並ぶよう案内するシートも床に貼った。岡本志郎店長は「お客さまの安全を確保し、明るく元気に、感謝の気持ちで接客したい」と力を込めた。
 「待ちわびていたのでうれしい」と喜ぶのは、石川県中能登町から母親と訪れた看護師女性(35)。「自分自身、つらい日々を過ごした。不安の中、働いてくれてありがとうという気持ち」と従業員を思いやった。
 同県津幡町の公務員女性(58)は「大和で洋服を買うのが仕事の気分転換。店員さんも大変だっただろうし、頑張ってと声を掛けたい」と笑顔を見せた。
 金沢フォーラスもマスク着用や消毒を呼び掛ける張り紙を店内に掲示したほか、エスカレーターには間隔を空けるよう促す看板を設けた。
 めいてつ・エムザは二十日、金沢百番街と香林坊東急スクエアは二十一日に営業を再開する。 (高本容平)

関連キーワード

PR情報

北陸経済ニュースの最新ニュース

記事一覧