本文へ移動

反対車線の車にレーザーポインター照射疑い 愛知県警、トラック運転手を書類送検

2021年10月7日 13時30分 (10月7日 13時30分更新)
 高速道路を走行中、反対車線の車にレーザーポインターの光を当てたとして愛知県警は7日、道交法違反(道路における禁止行為)の疑いで、大阪市内の男性トラック運転手(61)を書類送検した。「対向車のライトがまぶしいことを知らせるためにやった」と容疑を認めている。
 書類送検容疑は9月12日午前1時5分ごろ、愛知県豊川市の東名高速道路上り線豊川インターチェンジ付近で、大型トラックを運転中、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報