本文へ移動

急須で紅茶、2煎・3煎もおいしく 緑茶品種で開発

2021年10月7日 05時00分 (10月7日 11時22分更新)
新商品の「和紅茶」=松阪市の深緑茶房で

新商品の「和紅茶」=松阪市の深緑茶房で

 松阪市飯南町粥見の農業生産法人「深緑茶房」が今秋、緑茶品種で作る紅茶「和紅茶」を開発した。急須を使って二〜三煎目までいれる日本茶スタイルでの抽出を提案しており、甘みや渋味、香りなどの変化を楽しむことができる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報