本文へ移動

ノーベル化学賞・マクミラン氏 「名古屋メダル」も受賞の親日家 

2021年10月7日 05時00分 (10月7日 05時01分更新)
 ノーベル化学賞の受賞が決まった欧米の二氏を知る名古屋大の研究者からは祝福する声が上がった。
 デービッド・マクミラン氏は二〇一九年、有機合成化学分野の優れた業績に贈られる「名古屋メダル」を受賞。選考にかかわった名大の伊丹健一郎教授(合成化学)は「先見性があると同時に着眼点にも優れていた。発見した後も研究を前に進める力があった」と評価する。
 何度も日本を訪れるなど親日家で、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧