本文へ移動

【愛知】大規模接種会場、11月で終了 県内で1回接種7割超、予約に空きも

2021年10月7日 05時00分 (10月7日 05時00分更新)
 新型コロナウイルスワクチンの接種促進を目的に、県が県営名古屋空港(豊山町)など八カ所で開設した大規模接種会場が、十一月で運営を終了する。県内で一回接種した人(職場接種含む)の割合が七割を超え、大規模会場でも予約の空きが出てきたため。会場で使われる米モデルナ製ワクチンは四週間の間隔を置いて二回接種することから、接種を希望する人の新規受け付けは今月までとなる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧