本文へ移動

こんにちは アルパカの赤ちゃん いしかわ動物園 あすから一般公開

2021年10月7日 05時00分 (10月7日 10時26分更新)
アルパカの赤ちゃん(左)と母親のキャンディ=能美市徳山町で(いしかわ動物園提供)

アルパカの赤ちゃん(左)と母親のキャンディ=能美市徳山町で(いしかわ動物園提供)

 いしかわ動物園(能美市徳山町)でアルパカの赤ちゃんが初めて誕生した。九月十八日に生まれ、母子ともに健康という。八日から一般公開する。
 六日発表した園によると、父親のホップ(八歳)と母親のキャンディ(九歳)の間に生まれた雌。体高約七八センチ、体重約五キロ。毛色は父親の白、母親の淡いグレーとは異なる黒で、順調に育っている。園内で飼育されているアルパカは計三頭となった。
 一般公開は八日午前九時から、園内のふれあい広場アルパカ舎で。担当者は「赤ちゃんはふわふわで大変かわいい時期なので、ぜひ見てもらえたら」と話している。(平野誠也)

関連キーワード

おすすめ情報