【石川】県内10万円給付 14市町「今月中」

2020年5月2日 02時00分 (5月27日 05時06分更新)

郵送申請の場合

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて政府が全国民に一律給付する「特別定額給付金」について、石川県内の十九市町のうち、郵送申請時の給付が五月中となるのは十四市町に上る。
 加賀市では、市ホームページ上から申請書をダウンロードして印刷し、いち早く郵送で申請することができ、早ければ七日から順次振り込まれる。郵送申請の給付開始時期を検討中なのは、輪島市、かほく市、宝達志水町。津幡町は六月中にずれ込む見込み。七尾市は五月下旬から六月上旬の見通し。
 申請方法はマイナンバーカードを使ったオンライン申請か、郵送された申請書を返送する二つ。金沢、小松など十市町はオンライン申請の受け付けを五月一日から始めた。穴水町は高齢者が多く郵送から先に申請を受け付ける。オンライン申請は六月以降となる。オンライン申請の給付時期が最も早いのは小松、加賀市で七日を予定している。
 給付金は、基準日である四月二十七日時点で住民基本台帳に記載されている全ての人が受け取ることができる。

関連キーワード

PR情報

北陸発の最新ニュース

記事一覧