本文へ移動

【中日】複数打点は3週間ぶり、ビシエド「大島さんがいい流れを作ってくれた」先制後にタイムリー!

2021年10月5日 22時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏1死、ビシエドが中前打を放つ

5回裏1死、ビシエドが中前打を放つ

◇5日 中日4x―3広島(9回サヨナラ、バンテリンドームナゴヤ)
 中日のダヤン・ビシエド内野手(32)が1点を先制した直後の3回1死満塁で、左前へ2点適時打を放った。広島の先発・床田の内角高め速球をはじき返し「(直前の)大島さんが(先制)タイムリーを打って、いい流れだった。積極的にいった」とコメント。11試合ぶりの打点で、複数打点は9月12日のヤクルト戦(バンテリン)以来、約3週間ぶりだった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ