本文へ移動

進路、野球部の魅力 門前中生らに紹介 門前高・金岡校長が語る

2021年10月5日 05時00分 (10月5日 12時57分更新)
門前高での学びについて紹介する金岡利宏校長=輪島市門前中で

門前高での学びについて紹介する金岡利宏校長=輪島市門前中で

 輪島市門前中学校で四日、門前高校の金岡利宏校長が講演し、市が同高などで推進中の高校魅力化プロジェクトや進学、就職に関する情報を生徒や保護者に説明した。
 一〜三年生五十三人と保護者ら三十人が参加した。金岡校長は、同プロジェクトで学習センターが市門前総合支所に開設されると紹介。放課後の学習指導に加え総合的な探究の授業も充実するとした。探究授業では既に商店街活性化などに取り組んでいるが、今後は自然保全の分野にも内容を広げる方針という。
 元星稜高校野球部監督の山下智茂さんが来年三月に野球指導アドバイザーに就任することに関し、練習は市門前野球場で行うことや、遠方からの新入生は下宿ができるようになったことも明かした。
 進路については同高キャリアコースについて、就職の他、短期大学や専門学校への進学が可能なことを強調。金岡校長は「普通コースでは、新カリキュラムで四年制大学に進むための授業が重くなり、つらくなる生徒もいる。キャリアコースも真剣に考えてほしい」と話した。(日暮大輔)

関連キーワード

おすすめ情報