本文へ移動

緊急事態宣言明け「強制出社」「満員電車」トレンド入り…「苦労が美徳」働き方改革進まぬ日本社会が浮き彫りに

2021年10月5日 11時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
多くの人が行き交う渋谷駅前のスクランブル交差点=9月22日撮影

多くの人が行き交う渋谷駅前のスクランブル交差点=9月22日撮影

 緊急事態宣言が9月30日をもって解除されたのを受け、街中に人出が戻ってきている。そんな中、5日のツイッターでは「強制出社」「満員電車」という勤務に関する言葉がトレンド入りした。
 東京都を中心に、緊急事態宣言が明けたのを受けてテレワークが解除され、出社を求める会社が出てきた様子。同日の朝、この事態を報じたテレビ番組があったこともあり、「強制出社」「満員電車」がトレンド入り。
 ネット上では「強制出社ってトレンドになってるけどウチの会社だけじゃなかったのか」「テレワーク出来る会社がわざわざ出社させる意味は何なん?」「テレワーク(在宅)で問題なく仕事がスムーズにはかどるのであれば、続行したら良い」と工夫した仕事や生活の仕方を続行すべきではという意見が散見された。
 また「コロナ前の働き方に戻るのは賢明とは思えません。今こそ働き方を見直すときでは」「本来の姿に戻っただけ・・・? その本来の姿が間違ってることにも気づいてないんか」「相変わらず変化に適応するのがド下手だし、苦労して働くのが美徳的な思考が捨てられない」と日本の古い働き方を見直す機会だと指摘する声もあった。
 また「うちの会社に至っては、テレワークの助成金もらってるのに今月から強制出社になってるよ。上司の言い分は『普通の会社はもう出社してる』???」と整合性がとれない指示に理解しかねるといった疑問の声もあった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ