本文へ移動

<きらっとカンパニー> 岡崎「永田印刷所」 ブランド文具

2021年10月5日 05時00分 (10月5日 11時16分更新)
ながたぶんぐの商品を持つ永田圭一さん(右)と雄大さん=岡崎市亀井町1の永田印刷所で

ながたぶんぐの商品を持つ永田圭一さん(右)と雄大さん=岡崎市亀井町1の永田印刷所で

 岡崎市亀井町一の「永田印刷所」が今年四月、自社初のオリジナルブランド「ながたぶんぐ」を立ち上げた。印刷用紙の裁断時に出る切れ端や印刷残紙を使って、手作りの唯一無二のメモ帳やノートに生まれ変わらせた。製本などの作業は隣接する就労支援事業所へ依頼し、障害者の雇用にもつなげ、人にも環境にも優しい商品となっている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧