本文へ移動

[競馬]チャンピオンズC パフューム集中 反応良く52秒0

2019年11月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗東坂路で追われるオメガパフューム

栗東坂路で追われるオメガパフューム

 「第20回チャンピオンズC」(GI・12月1日・中京・ダート1800メートル)の出走予定馬の追い切りが27日、東西トレセンであった。オメガパフュームは栗東坂路で追われてスムーズな動きを披露。JBCクラシックはわずかな差で涙をのんだが、世界の名手ランフランコ・デットーリ騎手(48)を迎えて勝利を目指す。出走馬と枠順は28日に確定する。
 大胆でいて繊細。計算され尽くしたタクトをしっかりと振った。「確認作業をしながら、多少メリハリを利かせ、集中力を高める」。安田翔師の意図をくみ取ったオメガパフュームは、栗東坂路を切れのあるフットワークで駆け上がり、4F52秒0-38秒0-12秒5の時計を叩き出した。感覚を研ぎ澄ませ、メンタルな部分にもしっかりとアプローチしていく。ギアを切り替えた時の挙動も想定通り。反応も申し分ない。
 「去年(5着)から1年たって経験も積んできました。精神面で大人にもなりましたし、昨年の競馬内容を補えるような走りができれば、と考えています」。昨年暮れの東京大賞典、そして今年は帝王賞というビッグタイトルを獲得。この1年を振り返り、安田翔師は改めて経験という言葉に重みを持たせた。
 左回りではまだ勝利をつかめていないが、「苦手意識はありません。中京の左回りを課題として考えてはいないです」と不安を打ち消す。その上で「何とかパフュームをJRAのGI馬にしてあげたい気持ちでいっぱいです」と誓いを立てた。
 今回、タッグを組むのは世界のレジェンド・デットーリ。ファンを魅了してやまない名手は共同会見に臨み、多くのフラッシュを浴びた。「ビデオを見ましたし、これから打ち合わせしていきたいと思います。中京競馬場で騎乗するのは初めてですが、世界のいろいろな競馬場で乗ってきているので、問題はありませんよ」と告げ「勝つチャンスはあると思いますし、とても楽しみです」と笑顔を見せた。充実の4歳。2度目の桶狭間で王座に就く。 (栗東取材班)
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ