本文へ移動

【競馬】アーモンドアイが香港遠征断念 微熱で大事とる

2019年11月30日 12時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
香港遠征を断念したアーモンドアイ

香港遠征を断念したアーモンドアイ

 天皇賞・秋を勝ち、次走は「香港カップ」(G1・12月8日・香港シャティン芝2000メートル)を予定していたアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝)が体調に不安が出たため、出走を断念することになった。オーナーのシルクホースクラブは30日にホームページで発表した。
 同馬を管理する国枝師は「29日夕方の体温が38度5分から6分になって。平熱が38度だから微熱なんだけどね。今日(30日)輸送を控えていたし、もう少しレースまで時間があればね。リスクを背負って渡るのは…。これだけの馬ですから。残念だけど脚もとの問題とかシリアスな問題じゃないから」と寂しそうに話した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ