本文へ移動

コエミこと小泉恵未アナがデットーリ騎乗のオメガパフュームを激推し!! 世界の名手が日本競馬界を活性化

2019年11月30日 15時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇1日 第20回チャンピオンズカップ(中京競馬場)

 先週は世界のフランキーのオーラを、力いっぱい浴びたコエミです。レース前にはおどけた表情も見せるけれど、レースが始まれば気持ちをぐっと集中させて、時に記者を寄せ付けないバリアーを放つ。検量前では若手の日本人騎手たちが「うわぁデットーリと併せられた、うれしいなぁ。勝ちたかったけどな」と素直な気持ちを表していて、フランキーの存在が、競馬界を活性化している雰囲気も感じたわ。ビュイック騎手も専属契約を結ぶゴドルフィンの馬で1日3勝、マーフィー騎手もジャパンCをきっちり制するなど、海外騎手の豪華な活躍が目立つ2日間でした。
 
 フランキーが今日のチャンピオンズCで騎乗するのは、コエミが帝王賞で大本命に掲げたオメガパフューム。前走のJBCクラシックではチュウワウィザードとの叩き合い…「勝った!」と声を上げたものの、結果はハナ差の2着。当日の売得金が58億円と、JBC地方競馬レコードとなった浦和競馬で、見応えのあるレースを見せてくれたわ。今回も、ちょっと苦手な左回り。フランキーと一緒なら華麗なるイン差しができるかな。
 JBC優勝馬はここ10年チャンピオンズCで勝ちきれていないので、勝ち馬チュウワウィザードは対抗まで。3頭目には武蔵野S2着のタイムフライヤーを。内枠のオイシンは“おいしい”んです。4頭目は、中京ダート1800メートルの東海Sを制したインティを、かしわ記念で徹底マークしてリベンジしたゴールドドリームにします。(フリーアナウンサー・小泉恵未)
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ