本文へ移動

岸田内閣「経済安保」強化に重点 情報流出防止、半導体確保 

2021年10月5日 05時00分 (10月5日 11時42分更新)
 岸田文雄首相は経済政策で、アベノミクスにより拡大したとされる格差是正と、経済安全保障強化にかじを切る。四日発足の新内閣で経済安全保障担当相を新設し、小林鷹之元防衛政務官を充てた。米国と中国の覇権争いの長期化で、ハイテク情報や技術流出を防ぐ輸出管理政策が重要性を増し、岸田氏は総裁選で掲げた「経済安全保障推進法」の制定を目指す。閣内からは「脱原発」派が姿を消し、エネルギー政策では原子力活用の姿勢が強まる可能性がある。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報