本文へ移動

「飛距離は阪神・佐藤輝にひけをとらない」今秋ドラフト候補駒大・鵜飼航丞にスカウト陣高評価…地元名古屋出身【中日】

2021年10月5日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
駒大―国学院大 3回表駒大2死満塁、打席に立つ鵜飼

駒大―国学院大 3回表駒大2死満塁、打席に立つ鵜飼

 フルスイングで見る人を引きつける。今秋のドラフト指名候補の駒大の鵜飼航丞外野手(22)=中京大中京=が4日、東都大学野球秋季リーグの国学院大戦(神宮)に「4番・指名打者」で出場。竜スカウトが「飛距離は阪神の佐藤輝にひけをとらない」と語るロマン砲は3打数無安打だったが、プロの評価は揺るがないようだ。
 9球団のスカウトが熱視線を送る中、鵜飼は無安打。それでも、その豪快なフルスイングには竜党の夢が詰まっている。視察した中日の米村チーフスカウトは「球場関係なくホームランを打てるパワーの持ち主。今年は打者が少ないので、より注目度は高いですし、上位候補でしょう」と、佐藤輝を思わせるようなパワフルな打撃に魅入られている。
 当たった時のパワー。その可能性を感じさせるフルスイングは随所で見せた。まずは2回先頭の第1打席。2球目の内角を強振。打球は三塁側ブルペン方向へ痛烈なファウルも、スイングの力強さを感じさせた。第4打席は外角の直球をファウルにすると、同じようなコースの変化球を空振り三振。それでも追い込まれながら三振を恐れず、バットを振り切る姿は大器そのものだ。楽天の部坂アマチュアスカウトが「やっぱり長打力。30本、40本打てる可能性を秘めている」と語れば、巨人の内田スカウトは「パワーだけでなく、足も速い」と身体能力の高さも口にする。
 中京大中京高では現在中日でプレーする伊藤康祐と同級生。高校通算56本塁打と当時からその長打力は折り紙付きだ。米村スカウトは「まだまだ伸びしろはあるし、性格も真面目で大化けしそう。(駒大出身で広島などで活躍した)新井みたいになれる可能性を秘めている」と名球会入りの大打者を引き合いに出すほどの高評価ぶりだ。
 長打力不足にあえぐ竜には、是が非でも欲しい大砲候補。地元名古屋でアーチを描く日はくるのか。運命の日まで1週間。
 ▼鵜飼航丞(うかい・こうすけ)1999年5月30日生まれ、名古屋市東区出身の22歳。182センチ、100キロ。右投げ右打ち。小学1年時に軟式チーム「山吹サンデーズ」で野球を始め、中学時代は「名古屋ドジャース」に所属。中京大中京高では1年秋からベンチ入り。3年夏に甲子園出場。駒大進学後は1年春からベンチ入り。2年秋からレギュラー。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ