本文へ移動

大谷翔平の今季をイチローさんが“らしく”振り返る「物差しを自らつくらなくてはならない宿命」「具体的な数字で一定の答え」

2021年10月4日 16時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

【シアトル=共同】米大リーグ、マリナーズで会長付特別補佐を務めるイチローさん(47)が3日、エンゼルスの大谷翔平の今季活躍に言及し「中心選手として長い間プレーするには1年間、全力でプレーした軸となるシーズンが不可欠だ。それが今年築けたのではないか」と意義を強調した。
 自身は日本人野手初の大リーガーとして1年目から前人未到の10年連続200安打を達成した。「比較対象がないこと自体が誰も経験したことがない境地に挑んでいるすごみであり、その物差しを自らつくらなくてはならない宿命でもある。外野からの視点だが、けがなくシーズンを通して活躍した2021年は具体的な数字で一定の答えを示した年だと思う」とたたえた。
 投打の「二刀流」は肉体的負担が大きく、故障と隣り合わせ。イチローさんの「アスリートとしての時間は限られる。考え方はさまざまだろうが、無理はできる間にしかできない」との言葉は限られた選手にだけに許された高みを目指す後輩へのエールにも聞こえた。
 今後へ。「2021年のシーズンを機に、できる限り無理をしながら、翔平にしか描けない時代を築いていってほしい」と飛躍に期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ