本文へ移動

「高市早苗1票」投じたのは丸山穂高議員 「首班指名の1票を皆の投票で」宣言し実行 昨年は小泉進次郎議員に1票で話題に

2021年10月4日 15時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山穂高衆院議員

丸山穂高衆院議員

 丸山穂高衆議院議員(37)が4日、自身のYouTubeチャンネルで衆院本会議の首相指名選挙で自民党の高市早苗政調会長に1票を投じたことを認めた。
 「首班指名、高市早苗氏への一票について」と題した動画を公開し、「私はタイトル通り、高市早苗さんに…。『高市早苗』と1票を入れました」と公表した。
 丸山議員は2日に自身のツイッターを通じて投票する議員をアンケートで募ることを宣言。「首班指名の1票を皆の投票で決めようぜ★次期総理を決める首班指名選挙。皆さんなら誰の名前を書きますか?」「最多得票者に私が国会で1票入れます」とつづっていた。
 衆参両院の本会議の首相指名選挙で自民党の岸田文雄総裁が第100代首相に選出されたが、衆院の本会議では高市政調会長が1票を獲得したことでツイッターでは「高市早苗1票」がトレンド入りした。
 丸山議員は昨年9月に行われた衆院本会議での首相指名選挙で、自民党の小泉進次郎環境相(当時)に1票を投じ、話題となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ