本文へ移動

マリナーズ、イチロー以来20年ぶりポストシーズン進出を逃す サービス監督無念「最後の一線を越えることができなかった」

2021年10月4日 11時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
判定に頭を抱えるマリナーズファン(AP)

判定に頭を抱えるマリナーズファン(AP)

◇3日(日本時間4日) MLB マリナーズ3―7エンゼルス(シアトル)
 マリナーズは3日、レギュラーシーズン最終戦となったエンゼルス戦に敗れ、イチロー、佐々木主浩らが在籍していた2001年以来、20年ぶりのポストシーズン進出を逃した。ア・リーグは東地区のヤンキース、レッドソックスがともに最終戦で勝利し、現地時間5日にポストシーズン初戦として行われるワイルドカードゲーム(地区シリーズ進出決定戦)に進出した。
 マリナーズの公式サイトによると、サービス監督は試合後に「マリナーズは組織として大いに前進した。われわれの将来は非常に明るい。プレーオフに進める最後の一線を越えることができなかったのは残念だが」と悔しさをにじませた。
 ア・リーグの地区優勝は東がレイズ、中がホワイトソックス、西がアストロズ。ナ・リーグの地区優勝は東がブレーブス、中がブルワーズ、西がジャイアンツ。ワイルドカードは中地区2位のカージナルスと西地区2位のドジャースの2チーム。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ