本文へ移動

香林坊映画館街

2021年10月4日 05時00分 (10月4日 09時51分更新)
【写真番号2021100401】劇場が立ち並び多くの銀幕ファンでにぎわった香林坊映画館街(下側)=1961年7月、中日本航空セスナ機から

【写真番号2021100401】劇場が立ち並び多くの銀幕ファンでにぎわった香林坊映画館街(下側)=1961年7月、中日本航空セスナ機から

娯楽の中心 銀幕に列

 あの映画面白かったね。次は何を見ようか−。派手な看板のかかる劇場が集まる往来から、そんな会話が聞こえてきそう。繁華街の香林坊はかつて、銀幕ファンでにぎわう映画館街でもあった。
 地元商店街がまとめた「金沢メイン・ストリート 片町・香林坊」(一九六七年)によると、明治から大正、昭和にかけて、娯楽の中心は芝居や寄席から映画へ。周辺には松竹や大映、スカラ座など十館ほどの映画館が軒を並べた。
 本紙カメラマンだった金沢市の伊藤伸也さん(84)は、小林旭や石原裕次郎を見たくて通った。「まだテレビがなかったころ。月に二、三回は行ってた。いつも混んどったねえ。裕次郎がドラムをたたくシーンが迫力があった」
 伊藤さんは映画館街の純喫茶ローレンスで、作家の五木寛之さんを何度か取材した。「蒼(あお)ざめた馬を見よ」(六七年)で直木賞を受賞する前のこと。気さくに話をしてくれたことを覚えている。(小塚泉)
  • 空から-あの頃ふるさとは

    このコーナーに掲載した写真を販売します

    写真のサイズは六つ切り~全紙ワイドまで。大判写真(四つ切りワイド、約25×36センチ)は税込み2500円。石川県、富山県にご在住の方は北陸中日新聞販売店員がご自宅までお届けします。

関連キーワード

PR情報