本文へ移動

【J1名古屋】途中出場で何度もチャンス演出…前田直輝が挙げた「今後の課題」

2021年10月3日 20時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前田直輝(名古屋グランパス提供)

前田直輝(名古屋グランパス提供)

◇3日 J1第31節 広島1―0名古屋(Eスタ)
 途中出場の名古屋・FW前田直輝(26)がスピードと突破力を武器にたびたび反撃のチャンスをつくった。後半7分に斎藤、山崎の両FWとともにピッチに入ると「相手の3バックが足元に強いのは、分かっていたこと。裏へのランニングをもっと増やさないと」と相手DFラインを幾度となく突破。しかし、広島がゴール前に引いて守る態勢に入ると、前田が狙っていたスペースが消滅。最後の一歩が届かなかった。「そこをどう崩していくのか、というのが今後の課題」と反省を述べた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ