本文へ移動

憧れは松坂大輔 享栄先発左腕・藤本7回3安打無失点9奪三振の好投【秋季高校野球愛知】

2021年10月3日 20時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
最後の打者を三振に仕留めて雄たけびを上げる享栄の藤本逸希

最後の打者を三振に仕留めて雄たけびを上げる享栄の藤本逸希

◇3日 秋季高校野球愛知県大会準決勝 中部大春日丘0―7享栄(7回コールド、小牧市民)
 愛知県大会準決勝があり、享栄が中部大春日丘を7回コールドで破った。9回サヨナラで星城を破った至学館とともに決勝進出を決め、来春のセンバツ大会の重要な参考資料となる秋季東海大会(10月30、31日、11月3、6、7日、愛知・岡崎市民及び刈谷)への出場も決めた。
 享栄は先発左腕・藤本逸希投手(2年)が7イニングを投げて3安打無失点、9奪三振の好投。テンポのいい投球で攻撃のリズムをつくり、チームを6年ぶりの秋季東海大会出場へと導いた。
 前日の2失点完投勝利に続く圧巻の投球。「球速はあまり出なかったけど、打たせて取る投球を心掛けた」と低めを丁寧に突き、付け入る隙を与えなかった。今大会は2回戦から4試合全てで完投。準々決勝後に大藤敏行監督(59)から「あしたも頼むぞ」と声を掛けられ「期待に応えたい」と粋に感じてこの日もマウンドに上がった。
 憧れは大リーグでも活躍した西武・松坂。横浜高時代の動画をYouTubeで見て「投球だけじゃなく、フィールディングも含めて全てすごい」と感動。自身もこの日は3回に先制の2点適時打を放ち、投打で活躍してみせた。9日の至学館との決勝、そして東海大会でもフル回転する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ