本文へ移動

宇野昌磨 大トリで「オーボエ協奏曲」披露 今季4回転ループ投入は鍵山優真の影響【カーニバル・オン・アイス】

2021年10月3日 17時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
カーニバル・オン・アイスで演技する宇野昌磨

カーニバル・オン・アイスで演技する宇野昌磨

  • カーニバル・オン・アイスで演技する宇野昌磨
  • カーニバル・オン・アイスで演技する宇野昌磨
  • カーニバル・オン・アイスのフィナーレで手を振る宇野昌磨
  • カーニバル・オン・アイスのフィナーレで手を振る宇野昌磨
  • カーニバル・オン・アイスで演技する宇野昌磨
  • カーニバル・オン・アイスで演技する宇野昌磨
◇3日 フィギュアスケート カーニバル・オン・アイス2021(さいたまスーパーアリーナ)
 2018年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車、中京大=は大トリで登場し、今季のショートプログラム(SP)曲候補の「オーボエ協奏曲」を踊った。アンコールでは前日のジャパン・オープンで演じた「ボレロ」を披露し、代名詞の「クリムキンイーグル」も最後に見せた。
 ジャパン・オープンでは体力消耗が激しかったため、クリムキンイーグルを入れられなかった。今季のフリーは、昨季の構成にループを加えた4種5本の4回転ジャンプを跳ぶ。終盤のステップの動きも目まぐるしく、宇野はスタミナ強化に力を入れている。
 ループを跳ぼうと思った経緯について、宇野は21年世界選手権2位の鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ、星槎=の存在を挙げた。今オフに一緒に練習する中、鍵山がループとルッツの4回転習得に取り組む姿を見て、「3種類だと時代の流れに置いていかれる」と危機感を抱いた。「彼に尊敬されているからこそ、期待に応えられる選手でいたい」と思うようになり、4回転ループ投入を決めたという。そう思ってから1週間で跳べるようになり「気持ちって大きいな」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ