本文へ移動

大谷翔平、選球眼に乱れか… 厳しい球に手を出し甘い球を見逃し 「ああ、あれは打てる球でした」首かしげる米メディア

2021年10月3日 14時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇2日(日本時間3日) MLB マリナーズ6―4エンゼルス(シアトル)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は「2番・指名打者」でスタメン出場。4打席で2打数無安打、2四球だった。
 またも打てる球を仕留め損なった。大谷は第1打席で外角ボールゾーンのチェンジアップに手を出し、あと2メートルでスタンドインという深い左飛に倒れた。この日の凡退した2打席は、ともに外角のボール球に手を出したフライアウトだった。
 3回の第2打席は、ど真ん中のカーブを見逃し。さらに8回の第4打席は、高さは真ん中、コースは外寄りの甘い直球が2球あったが、ともにファウル。中継局BSウエストのグビザ解説者は「ああ、あれは打てる球でした。大谷ならば、左中間方向に大きな当たりを運べる球でした。(右腕)セワルドと(捕手)マーフィーが望んだよりも中に入ってきました」と悔しがり、「最近の大谷は、直球系の球に少してこずっています」とも伝えた。
 1日の同カードも甘いカットボールと直球の計3球(空振りとファウル2球)を捉えられず、それよりも前の3試合も計6球の甘い直球(見逃し、ファウル5球)を安打にできなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ