本文へ移動

北京へ向けたSP新作披露の山本草太、伸びやかな滑りで観客を魅了 【フィギュア】

2021年10月3日 14時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
カーニバル・オン・アイスで演技する山本草太

カーニバル・オン・アイスで演技する山本草太

◇3日 フィギュアスケート カーニバル・オン・アイス2021(さいたまスーパーアリーナ)
 北京五輪を目指す山本草太(21)=中京大=は上下黒のシックな衣装で、今季ショートプログラム(SP)の新作「イエスタデイ」を披露した。冒頭の4回転サルコー、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を鮮やかに決めた。伸びやかでゆったりとした持ち前の滑りは観客を引きつけた。
 昨季は「落ちるところまで落ちた」と振り返るほど気持ちが落ち込んだが、今季は拠点を名古屋に戻し心機一転。グランプリ東海クラブに移籍し、宇野昌磨(トヨタ自動車、中京大)らを育てた山田満知子、樋口美穂子両コーチの指導を受ける。
 前日のジャパン・オープンでは「環境、自分を見つめ直して吹っ切れた。今シーズンはまだ前半だけど、つかめているものがたくさんある」と夢の大舞台へ諦めない姿を見せていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ