本文へ移動

眞子さまが苦しむPTSD、和田アキ子も経験者だった 「お悩みになったと思うから、もっと辛かったと思いますね」 心中思いやる

2021年10月3日 13時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
和田アキ子

和田アキ子

 歌手の和田アキ子(71)が3日、司会を務めるTBS系の情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」のなかで、自身の「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」の体験を告白した。
 番組では、宮内庁が秋篠宮家の長女眞子さま(29)が婚約者の小室圭さん(29)とその家族をめぐる誹謗(ひぼう)中傷を感じ「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」の状態にあると発表したとのニュースを紹介。和田は「びっくりしましたね」と話し、「私事ですけど、昼間に横断歩道で車にはねられて。(それから)横断歩道渡れなくて……。人が少ないと待って、いっぱいになったときに真ん中を渡るっていうことをしていた」と明かした。
 自身は2000年2月に東京都内の横断歩道でライトバンにはねられて、右膝脛骨(けいこつ)と腓(ひ)骨骨折の全治2カ月の重傷を負い、1カ月以上も入院した。
 「眞子さんの場合は小室さんのことでお悩みになったと思うから、もっと辛かったと思いますね。私は表に出なきゃいいことだから。ただ、それを発表してもらって良かったですね。ちょっとは収まったんじゃないですか、誹謗中傷っていうか」と和田。婚約から4年近く時間を要した眞子さまの心中を思いやっていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ