本文へ移動

<あいちの民話を訪ねて> (52)首切り地蔵(田原市)

2021年10月3日 05時00分 (10月3日 11時16分更新)
首につなぎ合わせた痕が残る首切り地蔵=田原市野田町で

首につなぎ合わせた痕が残る首切り地蔵=田原市野田町で

  • 首につなぎ合わせた痕が残る首切り地蔵=田原市野田町で
  • 首切り地蔵(左)と観世音菩薩の前で民話を説明する片岡さん=田原市野田町で
 渥美半島の中央に位置する法光院(田原市野田町)は、太平洋側と三河湾側の両岸を眺望できる名刹(めいさつ)。境内に首切り地蔵と、化粧を施した観世音菩薩(ぼさつ)が並んで祭られている。住職の片岡博雄さん(71)は「地元では首切り地蔵を、身代わり地蔵や化け地蔵とも呼んでいる」と説明する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧