本文へ移動

中日2世コンビが快進撃支える!吉見ジュニアは父親譲りの制球力 三塁からは大島ジュニアが盛り上げる

2021年10月3日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
力投するTMジュニアの吉見

力投するTMジュニアの吉見

 学童軟式野球の第1回東邦学園杯大会(中日スポーツ後援)第9日は2日、愛知県尾張旭市の城山野球場で準決勝1試合があり、TMジュニアが3―2で少年みどりに6回時間切れコールド勝ちし、決勝に進んだ。TMジュニアは元中日投手の吉見一起さんの長男、嶺(りょう)投手が先発で5イニングを2失点に抑えて、勝利に貢献した。
 TMジュニアの吉見が父親譲りの制球力でチームの決勝進出に弾みをつけた。ストライク先行で打者を追い込み、山なりの超スローボールで牛耳った。3回は犠飛、5回は失策絡みで失点したものの、抑えの岩橋にマウンドを譲るまで味方のリードを守り切った。
 4番打者として三塁打も放ったヒーローは「納得がいく内容です。マウンドは楽しかった」とハキハキと笑顔で振り返った。父の一起さんは中日投手として「投げる精密機械」と呼ばれた制球力で、最多勝など数々のタイトルを獲得した。「父の姿を見て投手になりたいと思うようになった」と話す吉見は腹筋と股関節を柔軟にするための四股踏みを欠かさず、夏以降に急成長した。
 TMジュニアには中日の現役選手である大島洋平外野手の長男・慶士三塁手も在籍。“ドラゴンズ2世コンビ”が快進撃の原動力になっている。吉見は「大島君は三塁からナイスピッチングと声をかけて励ましてくれます」と一丸で東邦学園杯大会初代チャンピオンを目指す。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ