本文へ移動

【ヤクルト】山田哲人が33号2ラン、本塁打王争い単独3位浮上

2021年10月2日 16時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト・山田哲人

ヤクルト・山田哲人

◇22日 広島―ヤクルト(マツダ)
 ヤクルト・山田哲人内野手(29)が33号2ランを放ち、本塁打で単独3位に浮上した。1点リードの6回無死一塁。1ストライクから広島先発・高橋昴の外角高め直球を左翼席に放り込んだ。
 チームは4回に中村の2点打で先制。山田は先頭・青木の左前打後に放った一発に「追加点がほしいところで、青木さんがいいかたちで出塁してくれて、チャンスで打ててよかったです」とコメントした。
 その後の1死一、二塁でサンタナが13号3ランをマーク。この回一挙5得点で突き放した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ