本文へ移動

中京大中京敗れる 来春のセンバツは絶望的に 享栄に1点届かず【高校野球愛知大会】

2021年10月2日 15時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
準々決勝敗退が決まり、肩を落とす中京大中京ナイン

準々決勝敗退が決まり、肩を落とす中京大中京ナイン

◇2日 秋季高校野球愛知県大会準々決勝 享栄3―2中京大中京(愛知・小牧市民)
 今春のセンバツで4強入りした中京大中京が、享栄との接戦に敗れて準々決勝で敗退した。来春のセンバツ出場が絶望的となった。
 中京大中京は4回に押し出し四球などで2点の先制を許した。5回には1死二塁で打者を投ゴロに打ち取ったものの、挟殺プレー間の送球エラーで1点を追加された。
 0―3とされた直後の5回の攻撃で西谷、曽根の適時打で2点を返すも、享栄の先発左腕・藤本の前にあと1点が遠かった。高橋源一郎監督(42)は「粘り強く食らい付いて接戦に持ち込むのが新チームのスタイル。終盤で何とか点を取りたかった」と悔しがった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ