本文へ移動

大谷翔平、本塁打王は一段と厳しく… ラスト3連戦初戦は3の0、トップの48本ペレスとは3本差のまま

2021年10月2日 14時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷に残された打席は少ない(AP)

大谷に残された打席は少ない(AP)

◇1日(日本時間2日)MLB マリナーズ1―2エンゼルス(シアトル)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は「2番・指名打者」で出場。本塁打王へ最終局面となるマリナーズとのラスト3連戦の初戦は3打数ノーヒット、1四球。9試合連続でノーアーチでタイトルは一段と厳しくなった。
 1回はセンターフライ。2―1と勝ち越した3回無死二塁では3ボールのあと申告敬遠。5回は二塁ゴロ。8回はフルカウントから空振り三振だった。
 本塁打でトップをいくペレス(ロイヤルズ)は48本まま。相変わらず大谷は3本差で追う展開になっている。
 マリナーズは、激しいワイルドカード争いを展開している相手。前回の対戦では13打席で2つの申告敬遠を含む6四球で、この日も1打席は勝負を避けられた。残りは2試合。大谷は少ないチャンスを生かすことができるのか。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ