本文へ移動

チョコの器作る華やかな金型 安城のディーウェーバーが共同開発

2021年10月2日 05時00分 (10月2日 11時19分更新)
金型「HANAGATA」で成型したチョコレートの器=北畠さん撮影、D−WEBER提供

金型「HANAGATA」で成型したチョコレートの器=北畠さん撮影、D−WEBER提供

  • 金型「HANAGATA」で成型したチョコレートの器=北畠さん撮影、D−WEBER提供
  • 各パーツを組み合わせると花びらをモチーフにした形になる=北畠さん撮影、D−WEBER提供
  • 「HANAGATA」プロジェクトに携わった水野さん(右端)や梶川さん(右から3人目)ら=富山県高岡市のフジタで
 安城市のデザイン会社D−WEBER(ディーウェーバー)は、チョコレートでできた器を成型するためのデザイン性の高い金型「HANAGATA(はながた)」を考案した。富山県高岡市の金型メーカー「フジタ」や自動車アルミホイールメーカー「BBSジャパン」と共同で開発し、レストランや結婚式場などでの受注を見込んでいる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧