本文へ移動

【FC東京】「我々はチャレンジャー」長谷川監督 川崎との多摩川クラシコに闘志

2021年10月1日 18時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎との多摩川クラシコを前に意気込みを語った長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

川崎との多摩川クラシコを前に意気込みを語った長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京の長谷川健太監督(56)が1日、2日の川崎との“多摩川クラシコ”に向けたオンライン取材で全力で王者に挑むことを明かした。
 出し惜しみはなしだ。けが人続出に加え、レアンドロを出場停止で欠く。それでも、指揮官は苦しい台所事情に嘆くことなく、こう力を込めた。
 「持てる力を全てぶつけていくだけ。われわれはチャレンジャー。多摩川クラシコという試合ですし、ライバルチームに全てをぶつけたい」
 今季の川崎は2度目の連覇に向けて首位を走ってきた。その力を素直に「強い」と認めた上で、長谷川監督は「川崎の切り替えや前線からのチェイスには迫力がある。ここ数年、苦しい戦いを強いられている。われわれが、がっぷり四つとまではいかないが、何とか勝負に持っていける試合にしたい」と言う。
 健太体制での対戦成績は1勝5敗1分。川崎は直近3試合を全て逆転勝ちしており、勝負強さにも磨きがかかっている。それでも、勝負師は「鬼木監督なら私の手の内は全て見透かされてしまうと思うが、できる限りのことを全てぶつけたい」と、挑戦者の姿勢を崩さなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ