本文へ移動

大谷翔平、またもメジャー史上初を連発「45発、8三塁打、25盗塁」「45発、25二塁打、5三塁打、25盗塁」

2021年10月1日 15時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

 ◇30日(日本時間1日)MLB レンジャーズ7―6エンゼルス(アーリントン)
 エンゼルスの大谷翔平(27)は「2番・DH」でフル出場。2得点で今季101得点と大台に乗せ、1打点で今季99打点とするなど5打数2安打だった。8試合連続ノーアーチで、リーグ最多の48本塁打のペレス(ロイヤルズ)とは3本差のままだった。
 この日は二塁打と三塁打を放ち、今季8三塁打はリーグ単独トップ、ダイヤモンドバックスのペラルタに並ぶメジャー最多。また、米スポーツ専門局ESPNと地元中継局BSウエストによれば、「45本塁打、8三塁打、25盗塁」「45本塁打、25二塁打、5三塁打、25盗塁」は、ともにメジャー史上初の快挙だった。
 また、BSウエスト局によれば「45本塁打、8三塁打」に限っても、1980年フィリーズのマイク・シュミット元三塁手以来、メジャー41年ぶり。シュミットは本塁打王8度、通算548本塁打は歴代16位。三塁手としてもゴールドグラブ賞10度の名手で、同年などMVP3度に輝き、有資格1年目の95年に殿堂入り。ESPNが2016年に独自選出した「歴代三塁手ベスト10」では、元ロイヤルズのジョージ・ブレットを抑えて1位に選ばれた。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ